顔の産毛処理をすると産毛が濃くなるのは誤解

顔の産毛処理をすると産毛が濃くなるのは誤解

顔の産毛処理をすると、その部分の産毛は濃くなるというのは、単なる誤解です。産毛をカットすることで、毛先は細いですが、カットした毛は断面図が幅広くなります。

 

そのまま数日で成長をするので、処理前よりも産毛が目立つという、視覚的な勘違いを起こしやすいです。毛の太さも濃さも毛量も、全く変わってはいないですが、剃刀などでカットした、断面図の広くなったまま成長をするので、前よりも産毛が目立つという錯覚が起きているだけです。

 

顔の産毛処理はしないわけにもいきませんので、剃刀処理で産毛が今までより、濃くなったという誤解をしないためにも、専門のお店で脱毛をするのも一つです。剃刀処理はいくら丁寧に処理をしても、ムダ毛の根元が残るので、成長を止めることにはならないです。

 

産毛は栄養をもらい、剃ってもすくすくと伸びますので、シェービングではムダ毛の量が、今までより増えたという、視覚的な錯覚からは抜け出せないことになります。脱毛サロンでは顔の脱毛もメニューに加わっているので、顔脱毛をすると、剃刀処理のような断面図の心配もなくなります。

 

産毛が生えてきにくくなりますし、生えてきてもさらに弱い毛なので、今までよりもずっと目立たなくなります。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?